<< 襖の端から     成長株でありますように >>